FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

アサーティブコミュニケーション

こんにちは!
今日は朝からカウンセラーのお勉強の一環として、アサーティブコミュニケーションを受けてきました。
アサーティブとは、相手と向き合う時に必要なコミュニケーションの取り方で
自分の気持ちや意見を率直に誠実に対応に自己責任を取る中で進めていくことで、はっきり言えないことへのストレス軽減、傷つく或いは傷つけることへの不安を解消し、健全な関係を保ち更に深めていくことができる手段として
カウンセリングで取り入れられている技術です。
相手は仕事の同僚、上司、取引先の場合もあれば、夫、妻、恋人等のパートナーの場合もあるし、子供や友人、親等肉親や大切な存在の場合もあります。
日々生活する中で、コミニュケーションをとらずにいることは出来ず、必ず誰かしらと何かしらの会話をしています。
他愛のないものもあれば、重要なものもあり、楽しむためのものあれば、緊張感を持って臨まなければならないものもあり、それに伴いストレスも抱えています。
アサーティブには様々なパターンがあり、奥が深いもののため簡単に語ることは出来ませんが、
一つ言えることは、相手を思いやり話すことでも、回りくどく主観を交えた話しは余計に相手を混乱させ、共すると誤解を招くことに成りかねないこと。
自分の意思をしっかりと持ち、
端的に率直にシンプルに一言で伝えること。
これがお互いに取っての良法だということが分かりました。
例えば、日々忠告をくれる友人の一言がとてもストレートではあるものの、自分の意思と違っている場合、
恐れず端的に率直にストレートに伝えるとしたら、
「ありがとう。私は私の意思があるから、今回の忠告は聞けない」
と言えば良いのです。
もちろん、日々忠告をくれることは有難いし、違うことなら聞けることもあるかもしれない。
でもそれをその時は言わなくて良いのです。
毎度有難いと思ってるんだけど…という枕詞もいりません。
尾ひれを付けると、相手が混乱するから。
実にシンプルです。
ご興味のある方は、アサーティブコミュニケーション、アサーティブトレーニング、などにまつわる本を読んでみて下さい。

日々のコミュニケーションの取り方のエッセンスになることまちがいないです!\(^o^)/

0 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。